Warning: Use of undefined constant filter_estimated - assumed 'filter_estimated' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/t18xw/bii483.com/public_html/wp-content/plugins/estimated/estimated.php on line 34

Warning: Use of undefined constant filter_estimated - assumed 'filter_estimated' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/t18xw/bii483.com/public_html/wp-content/plugins/estimated/estimated.php on line 35

Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/t18xw/bii483.com/public_html/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 45

Warning: Use of undefined constant REQUEST_URI - assumed 'REQUEST_URI' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/t18xw/bii483.com/public_html/wp-content/themes/cocoon-master/functions.php on line 73
いま人気のクレマチスの種類は?花言葉は?育て方や販売している場所 - ブンブーンのお役立ちメモ

いま人気のクレマチスの種類は?花言葉は?育て方や販売している場所

スポンサードリンク

この記事の所要時間: 212

クレマチスは大輪のものや落ち着いた雰囲気を持つものなど、
さまざまな種類のものがあります。
人気がある種類・品種のクレマチスは園芸店でも取り扱いが多くて
手に入りやすいだけでなく、育てやすさや花のつき具合も良く、
ガーデニング初心者にも簡単に育てられるのでオススメです。

スポンサードリンク

クレマチス。人気のある種類は?

まず、クレマチスの代名詞にもなっているH.F.ヤングという種類は、
育てやすさ・花のつきやすさ・咲いたときの印象強さなどで高い人気を呼んでいます。
薄紫や青の大輪の花は、白や黄色のバラなどと一緒に咲かせるととても見事な一角になります。
寒さ・暑さ、乾燥などにも強めで初心者にオススメの品種です。

クレマチスと言われて思い浮かぶイメージとは少し違うかもしれませんが、
プリンセス・ダイアナ(ダイアナ皇太子妃)という名前の種類も、
花は小ぶりですが高い人気があります。
赤やピンクの花がチューリップ状に咲くのが特徴で、
カスミソウなどと一緒にバラと競演させると
可憐ながら美しくお庭を彩ってくれます。

沢山のクレマチスを咲かせたい方には
プリンス・チャールズ(チャールズ皇太子)という種類も良いでしょう。
水色や青の花がつき、剪定をするとその周りの枝に蕾がつく特徴があります。
少し暑さや乾燥には弱めの種類ですが、
秋のブロンズ色になる紅葉も楽しめる種類です。

他に、まむらさき色の花が咲くヴィオラや和風の趣がある種類など、
さまざまなクレマチスがあります。

クレマチスはつる性の植物の中でも花が沢山咲くので、
門柱に這わせてアーチを作ったり、
ベランダなどの目隠し用に育てられることもあります。

 

クレマチスの花言葉は?

花言葉では「心の美」「高潔」、
別名つる性植物の女王とまで言われています。

種類によって花の形や大きさも様々ですが、
お庭にあとワンポイント欲しいときや、
暑さをしのげるグリーンカーテンを作りたいときに最適です。

クレマチスはイギリスなどでも人気で、
イングリッシュガーデン風に演出したいときも良いでしょう。

細かい育て方のコツや他の植物との相性などは、
園芸店で直接聞いたり、植物園に問い合わせたりすることもできます。

 

クレマチスの育て方は?肥料や剪定の仕方

クレマチスを育てるには剪定のタイミングが大切です。

クレマチスは1年中育てられる花ではなく、夏と冬に剪定というのをやります。

栄養が流れる先を厳選し、2番花を咲かせていきます。

それを夏と冬の2回のタイミングやっていきます。

 

水やりや肥料のやり方

水をたくさん必要とする植物なので春から秋にかけては土の表面が乾かないように注意しましょう。

肥料は液体肥料を使います。

スポンサードリンク

コメント