初詣に期間ってあるの?遅れるとどうなる?

お寺

スポンサードリンク

この記事の所要時間: 226

初詣はお正月に行くもの。もし元旦に行けなければ三が日のうちに…というイメージありませんか?

でも最近は『お正月も仕事』とか、『海外旅行で日本にいない』なんて人増えてますよね。

そんな場合は、どうすればいいのでしょう?

初詣に行ける期間っていつまでなのかしら??

スポンサードリンク

■初詣とは?

古来日本には、家長(一家の長)が新年を平安に暮らせますようにという願いを込めて大晦日の夜から元旦の朝にかけて、氏神の杜に籠り祈願する『年籠り』と呼ばれるという風習がありました。

 

それが時代の流れとともに大晦日の夜に詣でる『除夜詣』と元旦の朝に詣でる『元旦詣』というものに分かれていったようです。

これが、大晦日の『除夜の鐘』と元旦の『初詣』の原形といわれています。

 

 

江戸時代末期まで『元旦詣』は、その年の恵方にある神社に参拝して幸福を祈願するものでした。

しかし、明治時代に入ると、鉄道の発達で色んなところに行きやすくなった為か、その風習が廃れ、現在のように有名神社や家の近くの神社など、自分たちの好きなところにお参りに行くようになりました。

 

【4K】2015年初詣~伊勢神宮 外宮・内宮~My first visit of the year to a shrine at Ise Jingu Shrine Japan

 

■初詣に行ける期間って?

挿入画像・2

初詣に行ける期間は、「元旦に」とか「三が日に」「松の内に」「1月中に」と様々な意見がありますが、実はいつまでに行かなければいけないというきまりはありません。

 

そもそも、新年になって初めてお参りに行く事を『初詣』というのであって、期間など細かいことは決まっていないのです。

 

 

きまりはないのですが、一般的には『松の内』に行くことが目安とされています。

 

『松の内』とは、年神様という神様が滞在しているといわれる、門松やしめ飾りなどを飾っておく期間のことです。

関東のほうでは1月7日までというところが多いようですが、地方によっては、小正月(1月15日)や二十日正月(1月20日)までというところもあります。

 

お正月の主な行事などは、この『松の内』の期間中に行われることがほとんどなので、自分が住んでる地域の『松の内』の期間を調べてその期間内に初詣をすませるのもいいかもしれませんね。

 

 

もちろん、かつての『年籠り』のように、大晦日から出かけて、元旦にかけてお参りすることも、正しいお参りの仕方です。これは、『二年参り』と呼ばれているんですよ。

 

 

最近「初詣に行く機会を逃してしまっていた」というみなさん。

一般的に「初詣の期間」といわれているのは、あくまでも「目安の期間」です。

来年は、遅くなってしまっても、近くの神社などに訪れてみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク