月見団子はいつ食べるもの?意味や由来にいわれ。関東風と関西風の違い

生活

スポンサードリンク

この記事の所要時間: 157

日本では十五夜の月を「中秋の名月」と呼び、お月見を楽しみます。

中秋の名月とは旧暦8月15日。 今年(2015年)の中秋の名月は、9月27日(日曜日)です。

スポンサードリンク

つきみ

月見団子を食べる意味や由来って?

 

豆や栗を備える十三夜は「豆名月」「栗名月」十五夜は里芋を供えるので「芋名月」と呼ばれていたそうです。

お月見といえば、ススキとお月見団子

中秋の名月には、里芋や稲穂の代わりにススキ、供物が「お月見団子」に変化しました。

豊穣を祈り、今年の収穫に感謝して、収穫したものをお月様にお供えするようになったのが由来です。

 

 

関東と関西の月見団子の違い

関東では、満月のお月様をイメージしたまんまるの白い団子ピラミッド上に積み上げる形

白玉粉や団子粉に味付けは砂糖だけ。

 

だんご

 

 

 

関西では、里芋をイメージした少し細長い楕円形で、周りにこし餡がついてる団子

お団子は芋名月の里芋に、あんこは月にかかった雲に見立てているそうです。

地域によって きなこをまぶしたり、みたらし団子などと 味が美味しいお月見団子です。

 

だんご2

 

関東風月見団子の作り方

簡単なお月見団子の作り方をお教えしましょう。

 

★関東風を作ってみましょう。

 

白玉粉 200g 

お砂糖 20g 

ぬるま湯 200cc

 

ボールに白玉粉とお砂糖をいれて ぬるま湯を入れながら こねていきます。 

耳たぶくらいにこね上げ 形をまん丸にします。

鍋にお湯を沸かし 2分ほど ゆでます。

お団子が浮きあがってきたら 冷たい氷水にいれて 冷めたらざるに揚げて水気を切って完成。

積み上げていきます。

1 2 3

 

 

 

注意・・・・・十五夜にちなみ15個をピラミッド状態に積み上げていきます。

下段から、9個(3×3)、ニ段目に4個(2×2)、三段目に2個、正面から見て縦に並べます。

 

 

だんご4

ちょっと サツマイモのあんでアレンジしてみました。

 

関西風月見団子の作り方

関西風はお団子を 里芋のように形を作って ゆがいて あんこをのせるだけ。

 

各地域で 色んな味付けがありますので 楽しんでみてくださいね

また お団子は たくさん作っておいて 冷凍保存しておけば おやつで色々アレンジできますよ。

スポンサードリンク