Warning: Use of undefined constant filter_estimated - assumed 'filter_estimated' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/t18xw/bii483.com/public_html/wp-content/plugins/estimated/estimated.php on line 34

Warning: Use of undefined constant filter_estimated - assumed 'filter_estimated' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/t18xw/bii483.com/public_html/wp-content/plugins/estimated/estimated.php on line 35

Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/t18xw/bii483.com/public_html/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 45

Warning: Use of undefined constant REQUEST_URI - assumed 'REQUEST_URI' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/t18xw/bii483.com/public_html/wp-content/themes/cocoon-master/functions.php on line 73
鹿せんべいの原材料は?人間用はある?食べてもOK? - ブンブーンのお役立ちメモ

鹿せんべいの原材料は?人間用はある?食べてもOK?

スポンサードリンク

この記事の所要時間: 614

以前、知り合いが、ドッグフードが美味しくて、子どもの頃おやつに食べていたなんて話をしていましたが…

動物用に作られたものって、人間が食べても大丈夫なのでしょうか?

今回は、『鹿せんべい』について色々調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

奈良公園の名物くん達

 

奈良公園の名物…『鹿』。有名ですよね?

かわいい顔をしているのですが、集団で囲まれるとちょっと怖かったりもします。

その『鹿』くん達の為に用意されている“エサ”が、これも有名な『鹿せんべい』です。

 

『鹿せんべい』は、愛護会が販売する証紙で束ねられて販売されています。

この証紙の売り上げは、怪我をした鹿の保護や、出産費用などに充てられており、年間約3千万円程になるそうですよ。

観光客は『鹿せんべい』を食べる鹿さん達を見て楽しみ、その費用は鹿さん達のお役に立てているというのだから、なんだか嬉しくなっちゃいますよね。

 

鹿せんべいに6000円課金する奈良公園の帝王

 

『鹿せんべい』人間は食べられる?

 

鹿は1日に約5キロの草を食べる、とっても食欲旺盛な動物です。

草よりは高カロリーな『鹿せんべい』ですが、1枚の重さは3~4g程度なので、何十枚でもパクパク食べてしまいます。

 

『鹿せんべい』は、鹿達の為に工場で作られているようですが、材料は“米ぬかと小麦粉と水”です。

なので、特に害は無く人間も食べられます

香りも良く、食べられますが…

苦くて不味いのでご注意ください。

賞味期限も設定されていないので、持ち帰って家で食べるというのもやめておいたほうがいいでしょう。

 

ちなみに鹿せんべい以外の食べ物を鹿に与えるのは条例で禁止されています。

お菓子などをあげて体を壊して死んでしまう鹿がいるから、禁止をしているのだそうです。

 

 

『鹿せんべい』は作れるの?

では、この『鹿せんべい』を家で手作りすることは出来るのでしょうか?

 

もちろん、出来ます!

 

材料を混ぜ合わせて焼くだけなので、簡単です。

 

≪材料≫

米ぬか…適量

小麦粉…適量

水…適量

 

ホットケーキのたねくらいの硬さをイメージしながら、しっかり混ぜ合わせて、ホットプレートやフライパンでこんがり焼けば出来あがり

どら焼きくらいの大きさが、ちょうど良い大きさでしょうか?

 

これにドングリをすり潰した粉をいれるとか、小麦粉の代りに「ご飯」を潰したものを使うとか、アレンジすることも可能です。

 

しかし、何度も言いますが…不味いです

味見をするのはオススメ出来ません。

くれぐれもご注意ください。

クックパッドでレシピを探したりしないように 笑笑。

鹿が凄まじ勢いで食べだすので、そんなにうまいか?って思いますが、人間にはおいしくない食べ物なので誤解なきよう。

 

なんでも、奈良公園を訪れる人の中には、未だにこの『鹿せんべい』を“おみやげ”と勘違いして、買って帰られる方がいるとか…。

持ち帰らずに、鹿さん達に食べさせてあげてくださいね。

おみやげとして貰った人が、知らずに食べてしまうということもあるかもしれないので…。

 

 

鹿せんべい飛ばし大会とかいう素敵すぎる企画

 

鹿せんべいをフリスビーのごとく飛ばして飛距離を競うというなんともユニークなイベントがあります。

 

全国から鹿せんべい飛ばしの猛者が集まってきており、一番飛ばす方は58メートルも鹿せんべいを飛ばしています。

 

2018年度はGW前に実施され、2019年度は1月26日に、若草山ふもと1番ゲート~中腹にて開催されます。

大人も子供も同じ土壌で参加することが出来ますので、興味がある方は鹿せんべい飛ばし大会に参加されてみてはいかがでしょうか。

 

鹿せんべい大会ルール

1、大人、子供、男女の区別なく競技していただきます。

2、距離の測定は、競技ラインから鹿せんべいの最後尾までとします。

3、白線上を含み、白線上に止まったものを有効とします。

4、鹿せんべいが割れた場合、最長距離で止まったものを測定します。

5、初めから、ころがす投げ方は『失格』となります。

6、同じ距離の場合、年少者を上位とします。

7、もし鹿がせんべいを食べてしまった場合、鹿の右前足まで、測定します。

8、30m以下の距離は測定いたしません。

9、計測済みの鹿せんべいは鹿が食べますので、そのままにしておいて下さい。 

10、1回に購入できるのは、3枚です。

 

 

食べ物を飛ばして競うなんて不謹慎と思うかもしれませんが、飛ばした鹿せんべいは鹿が食べてくれるので、環境を破壊する活動ではありません。

 

奈良 鹿せんべい飛ばし大会2015

 

鹿せんべいを取りよせる

 

こんなもの買いたい人いるのかな?って思って調べてみたら…なんと売っておりました!

ただしこれはエゾシカせんべいという商品で、奈良の現地で販売されているものとは別物でした。

 

 

奈良のお土産屋さんには「鹿煎流 せんべい人間専用」という商品が販売されているそうです。

現地に行かれる方は人間用の鹿せんべいを探されてみてはいかがでしょうか。

 

鹿せんべいの工場見学をしたい

 

奈良公園で販売されている鹿せんべいは、武田商店という業者さんが製造と販売をしています。

この武田商店は工場見学をする事が出来るんです。

 

受付はホテルサンルート奈良にて行っているので、興味のある方は申し込まれてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

外国の方の奈良鹿に対する反応

 

外国人と鹿ちゃんが奈良公園で楽しそうに遊んでいる動画~すごく表情がいい動画

 

鹿せんべいは英語で”Deer rice cracker”と言います。

海外に鹿せんべいがあるかどうかはわかりませんが、せんべいという文化は日本のものなので、あったとしても別物(クッキーに近い)だと思われます。

 

 

スポンサードリンク