iPhoneケースの汚れの落とし方は?

生活

スポンサードリンク

この記事の所要時間: 211

iPhoneケースのお手入れってしてますか?

普段は液晶画面ばかり気にしているので、気付きにくいかもしれないですが、ケースの部分が意外と汚れているんですよね。

しかも常に触っているものなので、バイ菌だってたくさん付いています。

時には、汚れを落として綺麗にしてみませんか?

スポンサードリンク

■汚れの落し方

iPhoneケースの汚れの大半は、『手あか』です。

色によっては、あまり目立たないかもしれませんが、良く見てみると黒ずんでいませんか?

これが『手あか』なんです。

一度気付いてしまうと、意外と気になっちゃったりしますよね。

 

では、この汚れは、どのようにして綺麗にしたらよいのでしょうか?

素材別にご紹介したいと思います。

 

≪プラスチック製のハードケース≫

一番お手入れが簡単な素材です。

本体から取り外して、食器用洗剤などの『中性洗剤』を付けて洗います。

傷をつけないように、硬いスポンジで洗うのは避けて、手や柔らかい素材のスポンジで洗い流します。

水よりも『ぬるま湯』を使用したほうが、汚れが落ちやすいですよ。

その後、タオルなどでしっかりと水分を拭き取りましょう。

 

≪シリコンケース≫

細かいほこりなどが付きやすくて、汚れが落ちにくい素材です。

セロハンテープなどを汚れに貼り付けて剥がすという作業を何度か繰り返すと、綺麗になります。

汚れが落ちないような時は、ハードケースと同様に食器用洗剤で洗うことも出来ますが、洗った後に布などで拭いてしまうと繊維が付着するので、『自然乾燥』しましょう。

水気を大まかに切ったら、ドライヤーなどを使って乾かしても良いでしょう。

 

≪レザーケース≫

この素材は、水を使って洗うことは出来ません。

メガネ拭きのような柔らかい布などで、優しく拭きましょう。

レーザーは、汗やホコリなどの水分で劣化してしまうので、一見汚れていないようでも、毎日拭いてあげるほうが効果的ですよ。

 

iPhoneのお掃除

 

 

■なかなか落ちない汚れには…

洗ってみたけど、落ちない汚れがある場合は、

『消しゴム』がオススメです。

汚れを、字を消す時のように『消しゴム』でこすると、大半のものは綺麗になります。

あまり力を入れすぎないように注意しましょう。

特にレザーケースの場合は、少しずつ様子をみながら汚れを落としてくださいね。

挿入画像・2

 

 

iPhoneケースの『手あか汚れ』の落し方をご紹介しましたが、いかがでしたか?

家にある物で、簡単に綺麗になるので、ちょっと時間が空いた時にでも試してみてくださいね。

 

スポンサードリンク