2016年偕楽園梅まつりはいつからいつまで?ライトアップの時間

イベント

スポンサードリンク

この記事の所要時間: 42

金沢の兼六園、岡山の後楽園と並んで日本三名園の一つである偕楽園は梅の名所としても有名です。偕楽園の広々とした園内には八重寒紅や冬至梅をはじめ約100種3000本の梅が植えられており、梅のシーズンになると、園内は梅の香りに包まれます。

また、毎年恒例の梅まつりでは野点茶会やひな流しなどの様々なイベントが楽しめます。「観梅なんて、そんな風流な趣味はないわ」という方でも、十分楽しめるイベントですよ。

ここでは、偕楽園の梅まつりについて、

・2016年偕楽園梅まつりはいつから
・偕楽園ライトアップの特徴 いつまで開催?
・偕楽園周辺の水戸駐車場
・まとめ

の項目にまとめて、ご紹介します。春の始まりを告げる偕楽園の梅を見に、ぜひ足を運んでみてください。

 

スポンサードリンク

 

2016年偕楽園梅まつりはいつから

 

JS745_gyakouume

 

2016年の偕楽園梅まつりは、2月20日(土)~3月31日(木)まで開催されます。偕楽園梅まつりの各イベントの内容や日程などの詳細については、決まり次第水戸観光協会のホームページにて随時掲載されます。

水戸観光協会:http://www.mitokoumon.com/festival/ume.html

また、偕楽園梅まつりの様子はこちらです。

例年、偕楽園の梅の見頃は2月下旬~3月中旬です。なので、偕楽園梅まつりのうち、この時期に訪れると、梅まつりと満開の梅両方を楽しむことができますよ。

 

偕楽園梅まつりの期間中は、偕楽園やその周辺で様々なイベントが企画されています。

たとえば、3月4日(金)~3月6日(日)までは常磐神社境内にて、第4回全国梅酒まつりが開催されます。全国の梅酒の飲み比べや梅酒カクテル、梅酒割り、梅酒と使った料理などを楽しむことができます。

野点茶会は梅まつりの期間中の毎週土日に、各流派で開催されます。梅の下でお茶を一服、これぞまさに日本の春、まだ経験したことのない方はぜひ挑戦してみてくださいね。

 

【関連記事】

2016熱海の梅まつり 開花ピークはいつ?

 

偕楽園ライトアップの特徴 いつまで開催?

 

JS745_hanaminosekitoume

 

偕楽園梅まつりの目玉イベントといえば、夜のライトアップです。

偕楽園梅まつりライトアップの様子:https://youtu.be/yk6SP11cvzw

偕楽園のライトアップ「偕楽園 光の散歩道」は、3月4日(金)~3月21日(月・祝日)まで開催されます。ライトアップの時間は日没~21時までです。

 

スポンサードリンク

 

偕楽園のライトアップの特徴は、ライトアップと一緒に行われる「キャンドル」です。2016年は3月12日(土)に、「夜・梅・祭」が開催され、ライトアップと併せて、数千個のキャンドルが園内を彩ります。

上は梅のライトアップ、足元はキャンドルと、昼間とは一味も二味も違った幻想的な光景が広がります。デートにも最適ですよ。

ライトアップされた梅の下を大切な方と歩けば、一生の思い出になるはずです。「夜・梅・祭」の期間中は閉園時間も延長されます。

ちなみに、弘道館の「夜・梅・祭」は偕楽園よりも1週間早い3月5日(土)18時~21時です。

 

 

偕楽園周辺の水戸駐車場

 

KIJ_suitekigashitatarupinknoumenohana

 

偕楽園には800台分の駐車場があり、梅まつり期間中は1回500円で利用することができます。ただ、梅まつり期間中は混雑必至なので、園内の駐車場にはあまり期待しない方がよいでしょう。

偕楽園から最も近い駐車場は偕楽園下駐車場です。普通車152台分の駐車場で、料金は1日500円です。偕楽園までは、徒歩で約8分です。

ただ、偕楽園までにはスロープがあるので、足の不自由な方、ベビーカーの方は、少し大変かもしれません。足の不自由な方、偕楽園下駐車場では、車いすの貸し出しも行われているので、そちらの利用も検討してみてください。

梅まつりの人気イベントの日は、偕楽下駐車場も満車の可能性大。そんなときは、民間の駐車場を利用してくださいね。水戸の駐車場はこちらのホームページで調べることができます。

水戸市駐車場案内:http://www.ravi.310.ne.jp/p/index.html

 

駐車場の地図はこちら

 

まとめ

以上が、偕楽園の梅まつりについてです。偕楽園の梅の特徴は、やはりそのスケール感、3000本という圧倒的な数の梅で視界はもちろん、五感全部で梅を楽しむことができます。

これまで、桜のお花見は行ったことがあるけれど、梅は興味なかったという方、ぜひ、偕楽園の梅まつりを訪れてみてください。

また、偕楽園の梅まつりは、毎週イベントが盛りだくさん、訪れる前にホームページでイベントを調べておくのがおすすめです。

 

スポンサードリンク

コメント