幕張ビーチ花火フェスタ2016スタジアム席やビーチ席購入方法は?

スポンサードリンク

8月の第一土曜日である8月6日は首都圏各地で大きな花火大会が開催予定です。

その中でも特に大きめの15000発を予定している幕張ビーチ花火フェスタ(千葉市民花火大会)は、リバーサイド席やビーチ席、スタジアム席など、予算にあわせた有料観覧席と、有料席に劣らない自由観覧席(無料)が選べます。

スポンサードリンク

 

幕張ビーチ花火フェスタ特徴

 

スタンダードな尺玉・スターマインだけでなく、花火をいかに魅せるかにこだわった幕張ビーチ花火フェスタ(千葉市民花火大会)は、今年で36回目の開催です。

 

音楽と花火を融合させたり、楽曲の世界観を花火の色彩で表現する「創造花火」や、海辺の地形を生かして噴水状にわきあがる「ファイアーファウンテン」など、都心部では絶対に不可能な演出が盛りだくさんの幕張ビーチ花火フェスタ。

打ち上げ場所ぎりぎりで見られる有料席チケットがまだまだ発売中です。

 

 

有料席と無料席の違いは?購入方法は?

 

無料観覧席と有料席エリアにもそれぞれ夜店が出るので、花火を楽しみながらお祭りの雰囲気も充分に味わえるでしょう。

チケットは、チケットぴあやイープラス、プレイガイドなどでしたらどのエリアのチケットでもお求めになれます。

観光協会やJRみどりの窓口などでも販売はありますが、ビーチ席Aエリアのみの扱いなので早めに売切れてしまう可能性があります。

浜田川沿いのリバーサイド席や、QVCマリンフィールドで見られるスタジアム席は値段も手ごろで特にオススメですが、一部の演出が見づらいので公式サイトでご確認ください。

 

昨年度も人気だった、海浜幕張祭りという催し物が16時から行われているので、花火の前に浴衣の着付けを直したい方や、盆踊り・和太鼓などを楽しみたい方はぜひ早めにご来場いただくと、よりお祭りの臨場感が味わえます。

 

アクセスは?

 

アクセスは幕張駅から東陽バスで移動・幕張本郷駅から京成バスを利用して移動・海浜幕張駅と稲毛駅を繋ぐ臨時バスを利用がそれぞれオススメです。

行き帰り共に遅い時間になると混雑するので、特に行きはできるだけ早く到着できるようにしていると安心です。

会場周辺には駐車場がなく、更に交通規制も行われるので、公共交通機関を利用してください。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました