毛利庭園へのアクセスと入場料。桜の開花時期と入場割引、イルミ情報。

スポンサードリンク

この記事の所要時間: 542

毛利庭園は、都心に4300㎡もの広大な敷地を有する日本庭園です。

周囲には六本木ヒルズテレビ朝日など、「これぞ東京」「テレビでこのビル見たことある」というような東京のシンボルが建ち並んでします。

 

その真ん中に広がる毛利庭園は「こんなところに緑が!池が!癒されるわあ」という東京の癒しスポット

また、桜の時期には夜桜見物を楽しめます。

 

ここでは毛利庭園について、

・毛利庭園ってどんな場所?歴史は?
・毛利庭園へのアクセス方法。電車、車、バス
・毛利庭園の入場料はいくら?割引を受ける方法は?
・2016年、六本木毛利庭園の桜開花予想は?見頃時期はいつからいつまで?
・夜のライトアップやイルミは何時から?
・まとめ

の項目にわけてご紹介します。

 

「今年のお花見、仕事が忙しくて遠くには行けないな」という方、東京のど真ん中、毛利庭園でのお花見はいかがでしょうか?

会社帰りにぜひ足を運んでみてくださいね。

 

スポンサードリンク

 

毛利庭園ってどんな場所?歴史は?

 

毛利庭園は、旧毛利邸跡地、つまり江戸時代の大名屋敷です。

この地はなかなかドラマティックな場所でして、たとえば、赤穂浪士の討ち入りもここ、さらに乃木希典生誕の地でもあります。

歴史的事件がいくつも生まれた場所でありますが、時代の波には逆らえず、明治に入ってからは民間人の手に渡ります。

その後は、毛利甲斐守邸跡として旧跡指定を受けるも、ニッカの東京工場となり、その次はテレビ朝日。

このように現在に至るまでは、色々ありましたが、平成15年、六本木ヒルズと一緒に「毛利庭園」として誕生、現在の形に落ち着きました。

 

毛利庭園へのアクセス方法。電車、車、バス

 

電車では、東京メトロ日比谷線を利用するのがおすすめです。

六本木駅と毛利庭園は直結しているので、1C出口から地下通路を通って、毛利庭園に行くことができます。

都営地下鉄大江戸線を利用するときには六本木駅で降り、3出口へ、そこから毛利庭園までは徒歩で約4分です。

 

スポンサードリンク

 

の方は、首都高速都心環状線飯倉出口または渋谷出口で下車、毛利庭園までは約10分です。

さらに首都高速都心環状線芝公園出口からは約10分外苑出口からは15分です。

駐車場六本木ヒルズ駐車場を利用します。

2762台分の駐車場が用意されており、場所によって異なりますが、大体30分300円で利用できます。

 

JR渋谷駅から六本木ヒルズへの直行便バスが運行されています。

RH01系統六本木ヒルズ直行便バスをご利用ください。

約12分で毛利庭園に到着です。

 

毛利庭園の入場料はいくら?割引を受ける方法は?

 

毛利庭園の入場料は無料です。

なので、散歩がてらふらっと立ち寄ってもよいですね。

ただ、駐車場を利用するときには、駐車場料金が必要なので、お忘れなく。

 

六本木毛利庭園の桜開花予想は?見頃時期はいつからいつまで?

 

六本木毛利庭園にはソメイヨシノ8本しだれ桜2本があります。

桜の本数は多くないので、桜の名所という感じではありませんが、その分、他の名所に比べて花見客が少ないのでゆっくり桜を堪能することができますよ。

毛利庭園の桜の見頃は例年3月下旬~4月上旬、2016年もこの頃に桜の見頃を迎えると予想されています。

 

 

夜のライトアップやイルミは何時から?

 

毛利庭園では桜の時期になると、夜のライトアップが行われ、夜桜見物を楽しむことができます。

ライトアップの時間は17:30~23:00です。

この時間なら、会社帰りに立ち寄っても、十分間に合いますね。

ライトアップ期間は、桜の開花時期によって決まります。

 

2017年度は11月16日から12月25日でした。

 

 

毛利庭園の紅葉シーズンはいつからいつまで?

 

11月上旬を過ぎると紅葉シーズンを迎えます。

2017年度は11月の16日から25日までイルミネーションが行われていました。

 

晩秋の紅葉散歩 六本木ヒルズ 毛利庭園 2016.11.20

 

毛利庭園内で弁当を持ち込めるエリアは?

 

六本木ヒルズ内には開放スペースが多く用意されているため、自分で作ってきた弁当や近隣で購入した弁当を食べることが出来ます。

 

対応エリアは以下の通り。

豊富にあるため、混雑で悩むことはないと思います。

 

メトロハット/ハリウッドプラザ B2F(テーブルあり)

66プラザ(ベンチのみ)

大屋根プラザ(テーブルあり)

ヒルサイド B2F(ベンチのみ)

毛利庭園(ベンチのみ)

六本木ヒルズアリーナ(テーブルあり)

けやき坂 1F イーストコート(ベンチのみ)

けやき坂 3F レジデンスB/C間(テーブルあり)

さくら坂公園(ベンチのみ)

けやき坂テラス脇(ベンチのみ)

 

お花見ハイシーズンはいつ?

 

2018年度は開花予想が3月18日、満開予想日が26日でした。

 

 

ビアガーデンの開催期間は?

 

2018年度は7月の28日から8月の26日まででした。

 

まとめ

 

以上が、毛利庭園へのアクセスや桜の開花時期などについてでした。

 

なんといっても入場料無料というのがうれしいですよね。

「最近自然と触れあっていないなあ」「ビルはもう見飽きた」という方、毛利庭園に足を運び、季節折々の花や緑を楽しんでくださいね。

特に桜のライトアップは見逃せないイベントですよ。

 

また、車で毛利庭園に行きたい方、毛利庭園には駐車場が十分用意されているうえ、桜のお花見といっても「都内随一の名所」というわけではないので、桜の時期でも駐車場が満車になることはほとんどありません

とはいえ、イベントなどがあると人が集まりますから、イベントと重ならない日に行くのがおすすめです。

スポンサードリンク

コメント