2016年世界花火師競技会の日程は?結果がわかるのはいつ?

スポンサードリンク

この記事の所要時間: 210

九州は長崎県佐世保市にあるハウステンボス。

子どもから大人まで楽しめるテーマパークとして人気を誇っています。

ハウステンボスと言えば、一年を通して行われている花火大会ですが、 中でも花火の芸術性が高いものが「世界花火師競技会」です。

スポンサードリンク

 

ハウステンボス世界花火師競技会とは?

競技会とあるように、これは単なる花火大会ではなく、 花火師が腕によりをかけて行う大会になります。 しかも世界!

様々な大会で入賞するなど実力を認められた 世界の花火師たちがその技を競うのです。  

 

打ち上げ数や観客動員数は非公開となっていますが、毎年のように内容、 数ともに充実していく世界花火師競技会は期待を裏切らないでしょう。  

花火を思いっきり楽しみたいのであれば、やはり特別観覧席での鑑賞がおすすめです。

 

花火を思いきいり楽しめる特別観覧席。鑑賞料はいくら?

特別観覧席の前売券はは中学生以上1,200円、4歳~小学生は400円となります。

当日券はそれぞれ1,500円、500円となるので注意してください。  

 

特別観覧席の中にはさらに上位の席があり、プレミアム特別観覧券S1席、 S2席、アリーナ席がそれぞれ2,000円(当日3,000円)となります。

 

サウザント・サニー号でクルーズしながら花火を楽しむチケットが中学生以上2,500円、 4歳~小学生が1,500円となっており、ワンピースファンにはおすすめです。

他にも提携ホテルやレストランなどで、ディナー券付き特別観覧席なども用意されています。  

 

特別観覧席でなくても、ハウステンボス内であれば花火の競演を楽しむことができるでしょう。

場所によっては音楽とのコラボレーションなどが分かりづらいようですが、 オレジン広場は音楽も楽しめるおすすめスポットです。

 

ホテルアムステルダムの横に有料席が設けられていますが、 その後方もおすすめスポットとして知られています。  

特別観覧席も含め、当日はハウステンボスへの入場チケットが必要になるので、合わせて確認しておきましょう。

 

花火開催日は17時以上に入場可能なムーンライト入場チケットがあり、 18歳以上2,000円、中高生1,000円、4歳~小学生500円となっています。  

 

2016年の日程まとめ

2016年は3月の12日と30日国内の予選。

その後5月3日に海外の予選。

7月17日に海外予選の2回目。

8月27日に海外代表決定戦が行われます。

 

なので、決勝まで進んだ国の結果がわかるのは8月27日以降となります。

スポンサードリンク

コメント