お中元のお礼状例文。個人の時とビジネスの時の違いは?メールはNG?

お礼状

スポンサードリンク

夏時期になるとお中元が贈られる事もあるものですが、そういった時に気になる事と言えばお礼状に関してです。

特に大切な間柄の方からの贈り物だったり、会社の取引先などから贈られた際にはマナーの一つとしてしっかりとお礼状を送っておいた方が良いと言えます。

 

ですが、お礼状と言ってもただありがとうございます、だけ書けばいい物ではありませんよね。

季節のあいさつなどもいりますし、どういった書き方をすれば良いのか迷ってしまうものです。

 

そこで今回は書き方の事例やマナーについて解説をしていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

テンプレートを活用する

テンプレートを活用する事で簡単にお礼の気持ちを伝える事ができますので、手軽に利用できる存在として人気です。

お中元を頂いたら2~3日以内に投函するのがマナーとなっていますので、あまり時間をかけられない方にもお勧めできます。

 

ただ、テンプレートの場合ですと、いかにも形式的な文章になってしまいますので、 お礼の気持ちをしっかりと伝えたいという時には物足りなさを感じてしまうものです。

ですので、テンプレートを利用する際には、簡単にでも頂いたものの感想などを書いておくなどの工夫をしておくと、相手にもお礼の気持ちが伝わりやすいのではないかと思います。

 

 

お中元のお礼状|お中元を頂いたときにお礼状は書いたほうがいいの?

 

一から作る場合の書き方

そんな時には一から作成するのが一番ですが、実際に作成する際のポイントがいくつかあります。

まず定番の書き出しとなっているのが季節に関しての一文ですが、お中元の時期で使えるものとしては、 例えば「毎日暑い日が続いておりますが」という書き出しや、「暑さ厳しき折」などが挙げられます。

 

次に相手の近況を尋ねる一文やお中元を頂いた事に対してのお礼などに続きます。

 

続いて近況を書くという手もありますが、あまり親しくない相手へのお礼状の場合ですと控えた方が良いケースもあります。

却って相手を困らせてしまう事もありますので、ケースバイケースで考えると良いでしょう。

 

スポンサードリンク

 

次に相手の健康への気遣いやご家族への心遣いを入れてみたり、そして最終的には結びの挨拶で締める必要があります。

親しい間柄の場合ですと、もう少しフランクな内容でも良い場合もありますので、 どの相手に送るのかという事が重要になります。

 

しかしながら、実際にお礼状を考える際にはどういった言葉遣いが適切なのかなど、 色々と迷ってしまう事があるものです。

そういった時には色々な例文を参考にしてみるのも良いのではないでしょうか。

 

特に目上の方に対しての内容は注意が必要ですので、言い回しなどはしっかりと確認する事が大切です。

 

366896

 

個人へのお礼状の書き方と考え方

個人として頂いた場合、相手との間柄によって言葉の選び方が異なってきます。

目上の方に頂いた場合ですと、少し改まった書き方をする必要がありますよね。

 

例えば、

○○様

拝啓 盛夏の候、○○様におかれましてはますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

さて、このたびは心のこもったお品を頂戴しまして、誠にありがとうございます。

 

いつもながらのお心遣いに感謝するばかりです。

暑さ厳しき折、皆さまくれぐれもご自愛下さいませ。

まずは、取り急ぎ略儀ながら書面にて御礼のみ申し上げます 敬具

平成○○年○○月○○日

自分の氏名

というような形になります。

 

親しい方ですと、

○○様

拝啓 いよいよ暑さも厳しくなってまいりましたが、皆さまお変わりなくお過ごしでしょうか。

さて、このたびは美味しい○○を頂きまして、誠にありがとうございます。

○○は一家全員大の好物でして、子供たちも喜び大変美味しく頂戴いたしました。

ますます暑くなることと思いますが、くれぐれもお体にはお気を付けください。

取り急ぎ、略式ながら書中にてお礼申し上げます。 敬具

平成○○年○○月○○日

自分の氏名

と少し砕けた文章でもいいのではないでしょうか。

 

親しい方にあまり改まった文章では、相手の方にも形式的な印象を与えてしまうこともあります。

しっかりとお礼の気持ちを伝えるためにも、目上の方・親しい方と文章の使い分けをしてくことが大切ですね。

 

 

254377

 

はがきでお礼状を書く時の書き方、テンプレート

お礼状は便せんに書くのが正式ですが、最近でははがきで出すことも多いようです。

ですが、目上の方ですと失礼だな、という印象を持つかたもいらっしゃいますので、目上の方にはしっかりと便せんでお礼状を出す方が無難ですね。

はがきで書く場合も、便せんで書く場合と文章の流れはあまり変わりが無いようです。

 

ただ、はがきの場合は必ず縦書きで、最後に日付→指名→宛名という順番になりますのでこの点は注意しましょう。

また、はがきの基本的なマナーとなりますが、宛名は高い位置に、自分の氏名は低い位置に、というのも気を付けてくださいね。

 

 

147727

 

会社としてお礼状を出す時の書き方

会社として頂いたものの場合、ビジネス用のお礼状を出す必要があります。

堅苦しい文章となりますので、苦手にしている方も多いのでは?

ビジネス用のお礼状ですと、ある程度形式が決まっていますので、テンプレートを考えておくと便利ですよね。

 

例えば、

株式会社○○

代表取締役 ○○ ○○様

拝啓 盛夏の候 貴社におかれましては、ますますご清栄のことと心よりお慶び申し上げます。

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、この度は結構な品をご恵贈賜り、誠にありがとうございます。

ご厚志謹んで拝受し、お心遣いに厚く御礼申し上げます。

貴社のますますの発展と、皆さまのご健勝をお祈り申し上げますとともに、今後とも一層のご厚誼の程お願いいたします。

略儀ながら書中にて御礼申し上げます。

平成○○年○○月○○日

株式会社○○

代表取締役○○ ○○

というような形です。

 

時候の挨拶は、「時下」と書くこともありますので、時候の挨拶を省略する際は「時下、貴社におかれましては~」という風に書くようにしましょう。

 

076763

 

個人として出す時とビジネス(会社)で出す時の違いって?

個人で出す際と、ビジネスで出す際、違ってくるのは宛名と差出人です。

ビジネスでは、会社宛にお中元を頂きますよね。

 

その際、宛名は自社の代表取締役となっています。

ですので、お礼状を出す際も相手の会社の代表取締役宛に、自社の代表取締役の名前で出すようになっています。

 

また、相手の様子をうかがう文章も個人ではなく、「貴社」と相手の会社の発展などについて書くようにしています。

個人とビジネスでは、言葉の使い方、選び方など色々と違いがありますので、それぞれでテンプレートがあると使いやすいですね。

 

082979

 

Eメールで礼状を出す時。メールはNG?

お中元の季節、沢山いただく方はお礼状を書くだけでも一苦労。

そんなとき、メールでお礼状を出すことが出来たら便利ですよね。

 

ですが、お礼状をメールで出してもいいのでしょうか?

調べてみたところ、メールでお礼状を出してもいいのは、身内やよほど親しい方友人のみ、となっているようです。

お仕事上の付き合いの方などは、しっかり便せんでお礼状を送るようにしましょう。

 

文章としては、手紙と同じで知人に送る様なもので大丈夫です。

結びの「略儀ながら~」という部分は「略儀ながらメールにてお礼申し上げます」というように変更しておくようにしましょう。

 

356055

 

まとめ

お中元を頂いた後、頂きっぱなしということは失礼にあたります。

せっかくお中元を贈ってくださったのですから、お礼状はきちんと出すようにしましょう。

いくつか例文がありますので、自分に合った文章でお礼の気持ちを伝えるようにしてくださいね。

スポンサードリンク

コメント