ビジネスマンのための暑中見舞いの文例

スポンサードリンク

一人のビジネスマンとして、取引相手に暑中見舞いを送るということもあるでしょう。

暑中見舞いではその人の文才が試されるところですが、これがなかなかの厄介者で、
文章表現一つ間違えれば相手に悪い印象を与えかねません。

したがって暑中見舞いの文章作成は慎重であるべきですが、
いくつかの注意する表現について知っておけば、それほど難しくなく文章を書くことができます。
暑中見舞いで使うのにふさわしくない、あるいは使ってはならない文章表現があり、そういったものを使用しないことです。

暑中見舞いの文章で注意したいことは、自分に関することをどの程度書くか?です。
これは微妙な塩梅が求められますが、簡潔な近況報告にとどめておくのがよいでしょう。
逆に自分のことを長々と伝えてしまうなら、相手を退屈させてしまったり、悪い印象さえ与えかねません。

また、全体に相手が読みやすい文章を作ることを心がける必要があります。
どれだけ高尚な文章であろうと、相手にとって読みにくいものなら印象は悪くなります。

さらに、暑中見舞いですから、その季節にあった話題を出すことも必要です。
逆に季節感をまったく無視するような文章はふさわしくないといえるでしょう。

また季節限定の便りという特徴からすれば、暑中見舞いを出す時期を間違えないことは必須です。
暑中見舞いを出す時期は、梅雨明けから立秋頃までです。

万が一、誤字・脱字を発見した場合でも、修正して出すようなことはしないようにしましょう。
苦労して書きあげたものでも、潔く書き直しをすることが大事です。

文章全体の模範が欲しいと思う場合は、インターネット上で暑中見舞い用の文例がたくさん紹介されていますので、
それらを参考にすることができます。

暑中お見舞いで書く内容は、季節の挨拶から、時候の挨拶、安否、近況報告、結びの挨拶などです。
頭語と結語が不要であること、そして期限を守るのがマナーであること、また絵葉書などを活用すると好印象を与えられることなども知っておきましょう。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました