由比ガ浜海水浴場近くの安い駐車場。混雑を避ける方法や、クラゲ対処法

スポンサードリンク

この記事の所要時間: 29

全国的にお盆を過ぎるとクラゲが出やすい海水浴ですが、土用波の危険が少ない遠浅の 由比ガ浜海水浴場でもクラゲに刺される方は毎年いらっしゃいます。 できれば8月上旬までのクラゲが少ない期間に楽しまれるのがオススメです。

スポンサードリンク

由比ガ浜海水浴場にいるクラゲって?

毎年海の家やサーファーなど、賑わいを見せる由比ガ浜海水浴場は太平洋側にあるため、 日本海側に比べると猛毒の大きなクラゲはあまり見かけませんが、 小さめのアンドンクラゲ(四角く四本の触手がある)やアカクラゲ(鮮やかな赤)などがいる可能性もあります。

いずれにしても刺されると強い痛みを感じますし、 人によってはアレルギーでショック症状を起こす危険もあります。

ビーチサンダルで歩いているときに、砂浜に打ち上げられたクラゲの死体を踏んづけても刺されることがあります。

特にお子様連れの方は、お盆時期の海にはできるだけ近寄らないよう気をつけてください。

 

クラゲに刺されてしまった時は?

クラゲに刺された時は、まず海水で患部を良く洗いましょう。

真水やジュースなどで洗うと患部に残った触手が反応して更に毒を出し、症状が悪化することがあります。 腫れや熱が出たら患部を氷水などで冷やしながら、医師の診察を受けましょう。

アンモニアが効く、いいや酸性溶液が効く、などといった素人判断で対応すると、 クラゲの種類によっては症状が悪化する恐れがあります。

痛みや呼吸障害などが出たときも、焦らず落ち着いて医師の診察を受けるのが一番です。

スポンサードリンク

クラゲはあまり刺さない種類のものもいますが、複数が集まっているようなところは海流の関係で いろいろな種類のクラゲが溜まっていることがあります。

見える範囲のクラゲが刺さない種類だから大丈夫だと過信せず、 沢山いるようなら海水浴は中止して、鎌倉の街を観光したり、熱海温泉を楽しむのがオススメです。

 

由比ガ浜海水浴場を楽しむならいつがおすすめ?海開きはいつからいつまで?

ところで、ちょうど熱海海上花火大会や鎌倉花火大会の日程はクラゲが少ない7月下旬の時期ですから、 海水浴と花火大会の両方が楽しめる欲張りプランが可能です。

海開きは2015年度と同じであれば7月の1日から8月の31日までです。

夏休みに入る前はそれほど混んでないと思うので、混雑を避けるなら7月上旬がおすすめと言えるでしょう。

 

 

駐車場はどこがおすすめ?

海水浴場のすぐ近くに由比ガ浜地下駐車場があります。

こちらを利用するのがいいと思います。

 

スポンサードリンク

コメント