北海道真駒内花火大会2016年の有料席の販売はいつから?

お祭り

スポンサードリンク

北海道真駒内花火大会をご存じですか?歴史はまだ浅いものの、一流の花火師が集う見ごたえたっぷりの花火大会です。

2015年の第5回北海道真駒内花火大会では、全国の花火競技大会で何度も内閣総理大臣賞を受賞している紅屋青木煙火店と、全国のテーマパークの演出を手掛ける丸玉屋の共演が話題になりました。2016年には、どのような仕掛けがあるのか、今からわくわくしますよね。

ここでは、2016年の北海道真駒内花火大会について、

  • 2016年の日程はいつ?開始時間は何時から?
  • 有料席の販売は?チケットの購入はいつから?
  • 穴場の鑑賞スポットはどこ?
  • 花火が見えるホテルは?
  • まとめ

の項目に分けてご紹介します。北海道の短い夏を彩る北海道真駒内花火大会!ぜひ楽しんでください。

 

スポンサードリンク

 

2016年の日程はいつ?開始時間は何時から?

2016年の北海道真駒内花火大会の日程はまだ発表されていません。2015年は7月19日(月)に開催されたので、2016年も7月の中旬あたりに開催されるのではないでしょうか。

有料席の先行販売が5月から始まりますので、その頃までには2016年の日程も発表されるはず、公式ホームぺージなどで確認してください。

北海道真駒内花火大会:http://www.makomanai-hanabi.com/

2015年の花火大会当日のスケジュールを参考までに載せておきます。

飲食店営業 13:00

開場    16:00

打ち上げ  20:00~21:00

開場時間から花火の開始時間までは少し時間が開いていますが、北海道真駒内花火大会では、会場内は全て有料席なので早めに行く必要はありません。花火の打ち上げ開始時間までに会場に行けば大丈夫です。

ちなみに、過去の花火はこんな感じでした。

【4K】2015真駒内花火大会 第6部「グランドフィナーレ 奇跡の響宴」:

 

【4K】2015真駒内花火大会 第6部「グランドフィナーレ 奇跡の響宴」

 

打ち上げ場所と観覧席がとても近いので迫力満点の花火を楽しむことができます。

a

多種多様な光と色ではじける花火 | 無料の写真素材はフリー素材のぱくたそ
「多種多様な光と色ではじける花火」のフリー素材

 

有料席の販売は?チケットの購入はいつから?

北海道真駒内花火大会は、花火大会としては珍しく、スタジアムで開催される花火大会です。スタジアムの中で打ち上げられるので、スタジアムの外からはなかなか花火を見ることはできません。

北海道真駒内花火大会を楽しみたい方は是が非でも、有料席を購入してください。2016年の有料席についてはまだ詳細は発表されていないので、参考までに2015年の有料席の値段を載せておきますね。

 

アリーナエキサイティングシート 7500円

アリーナ椅子指定席 3800円

スタンドDREAMシート 5500円

スタンド指定席 3800円

スタンド自由席 2800円

 

上記の通り、有料席といっても値段は2800円~7500円。3000円弱で花火を心行くまで堪能できるのですから、決して高い買い物ではないですよね。有料席のチケットの購入方法についても、2015年の販売スケジュールを参考にしてください。

①ローソンWEB会員への先行販売 2015年5月22日19:00~5月28日

アリーナエキサイティングシートやスタンドDREAMシートは数も少なく、売り切れ必至の有料席です。こちらの席をゲットしたい方は、ローソンWEB会員になっておくのがおすすめです。

②ローソンチケット、チケットぴあ、実行委員会事務局にて一般販売 2015年5月30日10:00~

一般販売は早いもの勝ちです。人気の席から売り切れてしまうので、購入はお早めに。

スポンサードリンク

 

2016年の販売スケジュールはまだ発表されていません。毎年5月中旬頃に先行販売があり、先行販売終了後各種プレイガイドで一般販売が開始されます。2016年も大体、同じようなスケジュールで販売されるでしょう。スケジュールについては、公式ホームページなどで発表されるので、チェックしてみてください。

北海道真駒内花火大会チケットについて:http://www.makomanai-hanabi.com/ticket/

 

b

花火・いまがチャンス! | 無料の写真素材はフリー素材のぱくたそ
「花火・いまがチャンス!」のフリー素材

 

穴場の鑑賞スポットはどこ?

上記の通り、北海道真駒内花火大会はスタジアムの中の花火大会なので、スタジアム外では花火はとても見づらいです。なので、北海道真駒内花火大会には穴場の鑑賞スポットはありません。「あえて挙げるとすれば」という注意書きつきの穴場の鑑賞スポットはこちらです。

 

  • 真駒内公園
  • イオン藻岩店の屋上駐車場:花火当日は無料開放されます。穴場の鑑賞スポットの中では一番おすすめです。
  • 真駒内ゴルフセンターの裏の河川敷

 

しかし、本当に見づらいですよ。できるだけ、有料席をゲットしてください。

c

花火大会 | 無料の写真素材はフリー素材のぱくたそ
「花火大会」のフリー素材

 

花火が見えるホテルは?

北海道真駒内花火大会を部屋かから見ることができるホテルはありません。会場から最も近いホテルはアパホテル&リゾート〈札幌〉です。会場まで徒歩で約20分。宿泊を予定している方は、こちらのホテルがおすすめです。

d

弾ける花火 | 無料の写真素材はフリー素材のぱくたそ
「弾ける花火」のフリー素材

 

まとめ

以上が、北海道真駒内花火大会の日程や有料席などについてでした。上記の通り、北海道真駒内花火大会を100%楽しむためには、有料席からの観覧が必須です。できれば、有料席のチケットを購入してください。

また、北海道真駒内花火大会では駐車場は用意されていません。さらに花火大会当日、会場周辺では交通規制が敷かれます。電車などの公共交通機関を利用しましょう。

地下鉄真駒内駅から会場の真駒内公園真駒内セキスイハイムスタジアムまでは徒歩で30分、花火大会当日には臨時シャトルバス(有料210円、所用時間10分)も運行されるので、そちらを利用してもよいですよ。花火大会終了後の真駒内駅は大変混雑するので、帰りの切符はあらかじめ用意しておいてくださいね。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました