スポンサードリンク

この記事の所要時間: 519

葛西臨海公園といえば、大観覧車!ですよね。正式名称は「ダイヤと花の観覧車」というそうです。葛西臨海公園の観覧車は日本最大!高さはなんと117mもあります。観覧車からは東京ディズニーランドやディズニーシー、レインボーブリッジなど東京湾のランドマークを一望でき、東京都庁やスカイツリーも眺めることができます。天気がよければ、房総半島やアクアラインの海ほたる、さらには富士山まで見えることも!!観覧車から富士山なんて、素敵ですよね。ぜひ一度は目にしたい光景です。ということで、ここでは葛西臨海公園の観覧車について、

  • 観覧車の料金はいくら?営業時間は何時から何時まで?
  • クーポンの入手方法は?前売り券はあるの?
  • 観覧車の待ち時間平均はどれぐらい?一周回るのにかかる時間は?
  • まとめ

の項目に分けてご紹介します。日本最大の大観覧車に乗りたい!という方、ぜひ参考にしてください。

スポンサードリンク

観覧車の料金はいくら?営業時間は何時から何時まで?

葛西臨海公園の観覧車の料金は以下の通りです。

  • 一般(3歳以上)700円
  • 団体(20名以上)630円

その他割引については、葛西臨海公園観覧車のホームページでご確認ください。

ダイヤと花の大観覧車ご利用料金:http://www.senyo.co.jp/kasai/fee.html

葛西臨海公園観覧車の営業時間は、

  • 通常 10:00~20:00
  • 土日祝、GW、春・夏休み 10:00~21:00

観覧車のチケットの販売は営業終了時刻の20分まで(通常19:40、それ以外20:40)です。繁忙時期や待ち時間の長い日は、営業終了時刻20分前よりも早くチケットの販売が終了してしまうことがあります。混雑している日は、早めに観覧車に乗っておきましょう。

ちなみに、観覧車の予約はできません。前売り券を購入している場合も、当日順番待ちの行列ができていたら、列に並ぶ必要があります。

a

http://www.futta.net/photo/1423.html#photom

 

クーポンの入手方法は?前売り券はあるの?

観覧車のクーポンは、オフィシャルホームページで入手することができます。

クーポン:http://www.senyo.co.jp/kasai/coupon.html

クーポン提示で、観覧車の料金が700円→630円になります。1割引ですね。クーポンを利用する方は、必ずこのページを印刷してください。カラー印刷と白黒印刷、どちらでもかまいません。スマホの画面提示では利用できないのでご注意ください。

葛西臨海公園の前売り券はJTBで販売されています。

JTB: https://www.jtb.co.jp/etkt/GpList.aspx?gpsyocd=02130KASAI099

前売り券は当日券よりも安いので、事前に購入できるときには買っておくとよさそうですね。ただし、1名分の前売り券では割引はありませんのでご注意を。JTBの前売り券はロッピーやファミポートなど、コンビニで購入・発券します。葛西臨海公園に行くときは、行きがけにコンビニに立ち寄るとよさそうです。

 

スポンサードリンク

 

また、観覧車に乗る日に葛西臨海公園の水族館に行った場合、水族館のチケット提示で観覧車の料金が1割引になります。1割引ということはちょうど、クーポン券と同じ割引率ですね。観覧車の前に水族館に行く方は、水族館のチケットをなくさ

b

https://www.pakutaso.com/20150207041post-5163.html

 

観覧車の待ち時間平均はどれぐらい?一周回るのにかかる時間は?

葛西臨海公園の観覧車は何といっても日本最大!一周回るのに17分かかります。その間、東京湾の絶景を眼下におさめることができるわけです。贅沢な時間ですよね。観覧車からの眺めはこんな感じです。やっぱり日本最大とあって、眼下を見ると、なかなかの迫力です。高所恐怖症の私は、ちょっとだけ背中に寒気が。

小さな旅・葛西臨海公園観覧車

 

 

夜乗ると、この絶景です。

葛西臨海公園 大観覧車

 

 

ロマンチックですね。デートに最適です。

そんな葛西臨海公園の観覧車。週末ともなると順番待ちの行列がずらっとできているのだろうと思いきや……これが意外にもさっぱりです。平日はもちろん、土日や連休中もほとんど待つことなく乗ることができます。なので、待ち時間の平均は数分です。

「日本最大なのに、この不人気の理由は一体」と不思議に思った方。地図を開いてみましょう。葛西臨海公園のすぐ横にあれがありますよね。そう、世界中で圧倒的な人気を誇るねずみの王国です。遊園地は数あれど、あのねずみどもに勝てる遊園地はありません。「日本最大の観覧車」をもってしても、です。ということで、東京ディズニーランドのおかげで、葛西臨海公園の観覧車は待ち時間0のストレスフリーで楽しむことができるという話でした。

また、これはあまり大きな声では言えませんが、「観覧車に乗るのに700円も払える?」というのもこの観覧車不人気の理由です。700円ですよ、700円。カップルで乗ったら一周17分に1400円。家族4人で乗ったら17分に2800円。というわけで、「観覧車は乗るものではなく、見上げるもの」という人が多いのではないかと思います。

c

https://www.pakutaso.com/20120408112post-1408.html

 

まとめ

以上が、葛西臨海公園の観覧車の料金や営業時間などについてでした。葛西臨海公園の観覧車に乗るのが決まっているとき(デートなど)は、事前に前売り券をゲットしておきましょう。カップルで乗るのなら、ちょっとだけお安くなります。一人ぼっちで乗る方は、ごめんなさい、割引はありませんが当日並んでチケットを買うストレスがなくなります。

また、「東京湾を一望」とくれば、気になるのが夜景ですよね。観覧車から東京湾の夜景を見ることができたら、デートも最高に盛り上がります。夜景目当てで観覧車に乗る方は、休日営業の日に行ってください。

平日だと20:00までの営業なので、ライトアップされた夜景というのはなかなか堪能できないかもしれません。特に日が長くなる春~夏は、休日営業狙いで行くのがおすすめです。

 

スポンサードリンク