西日本大濠花火大会2016。花火が見える場所、ホテルは?

スポンサードリンク

九州が誇る福岡市では毎年西日本大濠花火大会が開かれています。
都市部で開催される花火大会としては最大級の規模で、昨年も45万人もの人出がありました。
2016年は8月1日(月)20時~21時30分を予定しています。

スポンサードリンク

大濠花火大会の特徴といえばやはり、至近距離で花火を鑑賞できるということです。
その距離なんとわずか200m!!
こんな至近距離で、しかもアクセス抜群の都市部で花火を鑑賞できるなんてそうそうありません。

 

ただでさえ花火の響きを肌で感じられる迫力なのに、さらに周囲のビル群に花火の音や響きが
反響するため、一層の迫力を感じられます。
250mにもおよぶフィナーレのナイヤガラも大濠花火大会の見どころのひとつです。

 

大濠花火大会は3つの業者がそれぞれの場所から打ち上げるため、
大濠公園内の3か所から花火が見られることも大濠花火大会ならではと言えます。
できれば花火がよく見える場所を確保したいものです。

 

お金を払ってでも、ゆっくりと確実に鑑賞したいという人は有料席を利用しましょう。
大濠公園のすぐ隣にある平和台陸上競技場には、大人1,000円、子ども500円で入場できます。
おつまみとうちわが付いてきます。

 

同じく大濠公園に隣接する前鶴公園西広場には、定員4名のグループシートが8,400円、
2人用ペアシートが4,200円で用意されています。
7月1日(火)からチケットぴあで購入可能です。

 

もちろん、無料でも花火の見える場所は多数あります。
基本できには公園内、周囲ではよく見えますが、遊歩道沿いにおすすめの場所が多いです。
ちなみに場所取りは当日しかできません。

 

絶対場所を確保したいという人は8月1日0時に希望する場所にいるようにしましょう。
シートの持ち込みは可能ですが、ガムテープやペグによる固定はできません。
ペットボトルなど重しになりそうなものを持参してください。

 

3か所から打ち上げられる花火や仕掛け花火をバランスよく見たいという人は、
池の南側、福岡武道館や福岡管区気象台がある方向から見るのがおすすめです。

 

会場からは離れますが、福岡城址や福岡タワーからも花火がよく見えます。
夜景とのコラボレーションなどまた違った趣を味わい人にもおすすめです。
福岡タワーは有料にはなりますが、涼みながら鑑賞できますし、
ロマンティックな雰囲気を味わえるでしょう。

 

ホテルに宿泊してゆったり花火を観賞するのもいいですね。
大濠花火大会の花火がよく見えるホテルはいくつかあります。
博多駅から近いのは「ホテル日航福岡」です。
博多駅からは離れますが、海の近くにある「ヒルトン福岡シーホーク」もよく見えます。

 

中洲川端駅近くの「ホテル イル・パラッツォ」、
福岡市内随一の歴史を誇る「アゴーラ福岡山の上ホテル&スパ」も有名どころです。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました