本牧市民プールの駐車場は高い?混雑対策。市民割引や食事をする場所。

スポンサードリンク

この記事の所要時間: 30

全国的に市営プールといえば四角い競泳用プールと、 あってもちびっ子滑り台程度の施設が多いですが、 神奈川県横浜市本牧市民プールでは大噴水のある大プールとスライダーが楽しめます。

小さな噴水のある児童プールと幼児プールも分かれているので、 プールがはじめてのお子様にも安心です。

スポンサードリンク

 

本牧市民プールの特徴は?注目は大きなスライダー

本牧市民プールのスライダーは20mが2本、15mが3本の計5レーンで、 ほとんどまっすぐ滑り降りるだけですが友達と下まで競争など お子様は充分楽しんでいただけると思います。

大プールの噴水には船のスクリューが使われているらしく、 プールの外に届くほどの水しぶきが夏空に吹き上がります。

 

2016年本巻市民プールのプール開きはいつからいつまで?

2016年の営業期間は7月11日から9月6日まででした。

2016年度も第二土曜日から9月の第一日曜日までが開放されると思割れます。

 

 期間中は連日営業しているため、比較的空いている平日のご利用も可能です。

オムツの乳幼児は入場は可能ですが、プールの利用はできません。

プールにお連れになる場合はネッククーラーなど暑さ対策を事前にしておき、 できるだけ日陰にいるようにして、目を離さないようご注意ください。

 

入場料はいくら?割引券はあるの?

入場料金は当日大人800円、こども200円です。

 

割引を受ける方法は3つあって、まず一つ目が回数券です。

回数券の販売もあり、大人3,200円(5枚)こども800円(6枚)と、 当日券と比べるとかなりお得です。

 

次に市営バス乗車券とプールの入場券がセットに成った夏得バスチケット。

電車で行く場合はこれを利用しましょう。

通常価格から38%引きという大変お得な料金になります。

 

そして最後がコンビニで売っている前売り券です。

ローソン、ファミマ、セブン-イレブン、ミニストップ、サークルKで販売されています。

 

 

 

駐車場はどこに停めればいい?

施設内にある駐車場は1時間まで200円・その後30分毎100円です。

上限設定がない駐車場なので長時間利用する場合は注意が必要です。

収容台数は305台あります。

 

カーナビに入れる住所はこちら

〒231-0822 中区本牧元町46-1
TEL 045-621-5012

 

施設内の駐車場を利用しない場合は、近隣の民間駐車場を探しましょう。

民間駐車場だと上限価格が設定されているところがあるので、長時間利用される場合は料金的にはそちらが有利になります。

 

いくつか近隣の駐車場をピックアップしてみました。

 

 

 

タイムズ本牧間門

こちらの駐車場は入庫後12時間まで最大1500円となっていて、本牧市民公園駐車場(プール施設隣接駐車場)より安いです。

 

本巻市民プールまでは少し離れますが、十分歩いて移動できる距離だと思います。

住所 → 神奈川県横浜市中区本牧間門32

 

 

三井のリパーク横浜本牧元町駐車場

こちらは入庫後最大料金が24時間毎に700円と、さらに安いです。

本巻市民プールまで十分歩ける距離で、第一候補となりそうです。

こちらの駐車場が空いているときは、ここに停められるとベストですね。

 

 

電車でのアクセスは?

JR根岸線の根岸駅より、市バス54、97系統「本牧市民公園前」で下車するとすぐです。

駅からの距離は結構あるので、タクシーかバスを利用されることを推奨します。

夏の間は熱中症の心配があります。

スポンサードリンク

コメント