伊東オレンジビーチはきれいで整備された砂浜 花火も可能

スポンサードリンク

この記事の所要時間: 147

伊東オレンジビーチも7月19日に海開きを迎え、
長さ850mの砂浜で海水浴が楽しめます。

夜間、22時までなら花火もでき、7月28~31日と8月6日・7日には
伊東夢花火が連夜開催されます。

首都圏から日帰りもできる伊東の温泉街に近く、
水質も伊豆周辺の海水浴場としては最高水準のきれいさです。

スポンサードリンク

 

伊東オレンジビーチの最寄り駐車場は市営なぎさ駐車場で110台程度、
一日850円の上限が決まっているので安心してお車でいけます。

また電車でのお越しもJR伊東駅から徒歩3分程度と便利です。

暑い日やお盆前には非常に混雑しますが、
お盆が過ぎてくらげが出たときも磯遊びの後に
温泉に浸かって帰るといった楽しみ方が可能です。

海の家も6店舗あり、夕方17時まで監視員が常駐しているので安心して遊べます。

いま伊東の町では、伊東温泉を使った麺でつくり、
伊東温泉で作られた温泉卵をトッピングした「伊東温泉焼きそば」を
ご当地グルメとして売り出しています。

次回の販売店などはまだ未定のようですが、伊東にお越しの際は是非ご賞味ください。

また近くの伊東市営海浜プールも7月25日から営業開始です。

料金は大人150円、こどもは中学生まで40円とリーズナブルですが、
25mプールと子供用プールしかないこじんまりとした市民プールです。
地域の方優先のようなので、お越しの際はご注意ください。

伊東オレンジビーチでは22時までなら花火も可能ですが、
こちらは観光客の皆様のマナーあってこそです。

花火の燃え殻やごみは必ずきれいに持ち帰り、
近隣住民の方にご迷惑がかからないよう遊びましょう。

伊東オレンジビーチ周辺で行われる伊東夢花火は
なぎさ公園がきれいに見えるベストスポットです。

7月28~31日と8月6日・7日の開催で各夜1000~1500発規模のようですが、
お泊りで連日ご覧いただくとより楽しめると思います。
こちらは空中ナイアガラなど大きな花火も見ものです。

スポンサードリンク

コメント