デニムジャケットの洗濯頻度とクリーニングの必要性。縮む割合はどれぐらい?

スポンサードリンク

この記事の所要時間: 630

一枚一枚に色や色落ち・ダメージ具合に個性のあるデニム、「これだ!」という自分好みのデニムを見つけたときはとてもうれしいですよね。

デニムに限っては次、いつ運命の出会いがあるか分かりませんから、大切に取り扱いたいもの、洗濯で色落ちや縮んだりしたらとても悲しいです。

 

また、デニムジャケットでけっこう悩むのが「着る時期」、真夏に羽織るのは暑いし、そうかといって冬になると寒い……デニムジャケットを着始めるのはいつから?という方も多いのでは?

 

春と秋で同じデニムジャケットを羽織ってよいの?という疑問もありますよね。

 

ということで、今回はデニムジャケットの洗濯方法やデニムジャケットを着る時期について、

  • デニムジャケットのお手入れ方法は?洗う頻度はどれぐらいが適切?
  • デニムジャケットを着始める時期はいつから?
  • デニムジャケットをしまうのは夏と冬?クリーニングは必要?保管方法は?
  • まとめ

の項目に分けてご紹介します。

 

スポンサードリンク

デニムジャケットのお手入れ方法は?洗う頻度はどれぐらいが適切?

 

まず、デニムジャケットの洗濯表示を確認してください。

水洗い可の洗濯表示があるときには自宅で洗濯することができます。水洗い不可になっているときにはクリーニング店に持って行ってください。

ビンテージものやビーズ・レザーなどの装飾がついているデニムジャケットでは自宅で洗濯できないことが多いです。

水洗い可のデニムジャケットはおしゃれ着用の中性洗剤(エマール、アクロンなど)を使い、洗濯機か手洗いで洗濯します。

 

【コレ天】クリーニングの神様が教える!魔法のシミ抜き水

 

【デニムジャケットを洗濯機で洗濯するとき】

 

  1. デニムジャケットはボタンを外し裏返してください。
    ひどく汚れている箇所やシミがあるときは、その箇所に中性洗剤の原液をつけてシミ抜きをしてから裏返します。
    両袖を前身頃の上に畳んだら二つ折りにして洗濯ネットに入れます。

  2. ドライコースですすぎ2回、脱水時間は短めに設定して洗濯開始!
    洗剤は中性洗剤、柔軟剤も一緒に使用すると洗い上がりがふわっとします。
    縮むのも防ぐことができますよ

  3. 洗濯が終わったらすぐに洗濯ネットから取り出し、広げる前に両手で叩いてしわを伸ばします。
    干すときには、デニムジャケットの肩幅に合った厚みのあるハンガーにかけてください。

    ちょうどよいハンガーがないときにはハンガーにタオルを巻きつけて厚みを作るとよいですよ。

    ハンガーにかけるときも裏返しのまま!
    紫外線による色落ちを防ぐことができます。
    乾きやすいように襟は立て、陰干ししてください。

  4. 気になるしわがあるときにはスチームアイロンで伸ばしましょう。

 

30分で出来るデニムの洗濯方法

 

【デニムジャケットを手洗いで洗濯するとき】

 

  • たらいや洗面器に水と中性洗剤を入れ、畳んだデニムジャケットを浸けます。
    両手で上から押し洗い、汚れが落ちたら洗剤液を捨て新しい水を張りすすぎをしてください。
    洗剤の泡が出なくなるまですすぎを繰り返したら、最後に洗濯機で30秒ほど脱水にかけ陰干しします。
  • デニムジャケットは着る度に洗濯しても大丈夫です。
    ただ、洗濯するときには色落ちや色うつりをしやすいので、他の衣類や布巾などと一緒に洗濯するのはNG!
    デニムジャケットは他の洗濯物とは別洗いしてください。
  • デニム専用の洗剤を使用すると、色落ちを防ぐことができます。

 

b

 

 

デニムジャケットを着始める時期はいつから?

 

デニムジャケットは一年を通して着ることができます。
ベストシーズンは4、5月と11月。春と秋ですね。
アウターとして着てください。

薄手のデニムジャケットであれば真夏もタンクトップやTシャツの上に羽織ってもよし、日焼け対策や室内のクーラーによる冷え対策におすすめです。
冬はアウターではなくデニムシャツとしてコートの下に着るのがおすすめです。

 

スポンサードリンク

 

デニムジャケットは色合いや生地の厚さによって、着る時期着られない時期があります。
厚手のデニムジャケットはシャツのように羽織ることはできないので、春先や秋のアウターとして着てください。
シャツとしても着ることができる薄手のデニムジャケットは1年を通して着ることができますが、ブラックや濃紺デニムは秋~冬、ホワイトや水色デニムは春~夏が似合います。

b1

 

 

デニムジャケットをしまうのは夏と冬?クリーニングは必要?保管方法は?

 

デニムジャケットは綿なので、どちらかというと夏よりも冬に着ないことが多いですよね。冬は全く着ないという方は自宅で洗濯するかクリーニングに出した後、保管しておきましょう。

自宅で洗濯できないビンテージものやレザーのついたデニムジャケットは保管の前に必ずクリーニングに出してください。

着っぱなしのまましまってしまうと、デニムに染み込んだ汗や雨の水滴でデニムの色が変化したり、においが染み付いてしまうことがあります。

虫にも食べられやすいですよ。

 

保管方法は、ハンガーにかけてクローゼットに保管するか、畳んで引き出しに入れておきます。

厚手のデニムジャケットや折り目やしわをつけたくないデニムジャケットはハンガーにかけておくのがおすすめです。

畳んで引き出しにしまうときには、引き出しに湿気取りを入れておきましょう。

b2

 

デニムジャケットのクリーニング料金相場はいくら?

 

一般的なクリーング店でのデニムジャケット(Gジャン)の料金は600円〜800円程度です。

汚れの度合いに応じて、しみ抜きをオプションで行うと、これよりもさらに高い料金が発生することがあります。

 

デニムに染み込んだ汗の匂いはクリーニング店でも取り除くことが出来ないため、デニムジャケットから嫌な匂いが出るようになってきたら、処分を考えましょう。

私も気に入っているデニムがありましたが、ワイドハイターを何度も使っても臭いが抜けずに、泣く泣く処分をした事があります。

 

まとめ

 

以上が、デニムジャケットの洗濯方法や着る時期などについてでした。

デニムジャケットは1年を通して着回すことができるファッションの定番アイテムであると同時に、なかなかお気に入りの1枚を見つけることができないファッションアイテムでもあります。

せっかく巡り会えた運命の1枚、丁寧に洗濯・保管すれば長く着続けることができますよ。

 

デニムは伸び縮みの激しい生地です。

洗濯で縮んだかと思えば、着ているうちに伸びてしまったりということもありますよね。

なので、洗濯をした後多少縮んでも「もう着れない」と諦める必要はなし!きついのを少し我慢して着ていれば、また体にフィットするようになります。

 

反対に、肘やポケットの部分が伸びたなと思ったら、洗濯してみてください。

ちょうどいい感じに縮みます。

 

ナイロンジャケットの洗濯方法。縮まない洗い方と保管のコツ
軽くてぐしゃぐしゃに折り畳んでもしわになりにくいナイロンジャケット、持ち歩き用のアウターに便利ですよね。また、ジョギングなどのスポーツや山登りなどのアウトドアでもナイロンジャケットは大活躍!最近ではおしゃれでかわいいデザインのナイロンジャケ...

 

キルティングジャケットの縮ませない洗い方。着るのは何月まで?
シャツ一枚では寒い時やコートの季節にはまだ早い時、反対に「もうコートは着たくないな」という春の肌寒い日、キルティングジャケットがあると便利ですよね。キルティングジャケットは軽くて温かいうえに、カジュアルファッションにはもちろん、デザインによ...

 

スポンサードリンク

コメント