男性が結婚式に持っていくバッグマナー。サイズと色選びの基準

スポンサードリンク

この記事の所要時間: 614

結婚式に出席するとき、女性ではご祝儀やお財布、メイク用品などを入れたバッグを持って行きますが、男性でバッグを持っている方は少ないですよね

 

「男性のバッグはマナー違反なの?」と疑問に思っている方も多いのでは?

 

男性だってご祝儀やお財布、メイク用品はないにしても、スマホやカメラくらいは持ち歩かなければいけません。

 

礼服のポケットが大きい・多いとはいえ、ポケットに手荷物の全てがおさまらないこともあるでしょう。

こんなとき、女性と同じようにバッグを持って行きたいと思っている男性は多いはず!

 

ということで、今回は男性が結婚式に持っていくバッグマナーについて、

  • 結婚式にバッグは必要?持っていく際にやってはいけない事は?
  • 色選びの基準。スーツの色やベルトの色と揃えるべき?
  • サイズ選びの基準は?肩掛けはOK?レンタルの相場はいくら?
  • 葬式の時に使うバッグと結婚式のバッグは同じでOK?
  • まとめ

の項目に分けてご紹介します。

 

スポンサードリンク

結婚式にバッグは必要?持っていく際にやってはいけない事は?

 

結婚式にゲストとして出席するとき、女性ではバッグ必須ですが、男性は基本的にはバッグは持たない、手ぶらが基本です

 

とはいっても、男性もなんだかんだと手荷物が多くなってしまうことがありますよね。

奥さんと一緒に出席するときには奥さんのバッグに荷物やご祝儀を入れてもらえばよいですが、自分一人で出席するときにはそうはいきません。

 

また、式の撮影や余興を頼まれたり、二次会で必要な荷物があることもありますよね。こんなときには、男性もバッグを持って行きましょう。

男性のバッグは何もマナー違反ではありません。

ただ、バッグを持って行くときにはマナーを守ることが大切!

 

たとえば、バッグの代用に紙袋やビニール袋に持って行くのは×、リュックサックやいつも会社に持って行くビジネスバッグ、ウエストポーチなどカジュアルすぎるバッグや実用一辺倒でマナーや礼儀無視のバッグも×です。

 

スーツケース(キャリーケース)を式場内に持ち込むのもだめですよ。

やむを得ず式にそぐわないバッグを持ってきたり、スーツケースやトートバッグなど大きなバッグや荷物があるときは、式の前にクロークに預けておきましょう。

 

色選びの基準。スーツの色やベルトの色と揃えるべき?

 

結婚式に持って行くバッグはフォーマル感のある革製がよいです。

色は黒を基本に、黒、ダークブラウン、ダークブルーなど、礼服とコーディネートしたとき、しっくりくる色を選んでください。

結婚式の礼服は黒なので、革製黒色のバッグがベストです。

 

サイズ選びの基準は?肩掛けはOK?レンタルの相場はいくら?

 

クロークに預ける荷物は大きくてもかまいません。

泊りがけで結婚式に出席する方や仕事帰りや仕事前の方は荷物も多くなるでしょうから、クロークに預けてください。

 

式場内に持って入るバッグはできるだけ小さく薄いバッグを選びましょう。

おすすめはクラッチバッグやセカンドバッグ、男性のフォーマルバッグというとデザインやサイズ感がなかなか難しいですが、クラッチバッグやセカンドバッグならフォーマルバッグとして問題ありませんし、サイズもちょうどよいです。

 

とはいっても若い方にはセカンドバッグはおじさんくさいかもしれませんね。

クラッチバッグを探してみてください。クラッチバッグやセカンドバッグはどちらも、薄いので多くのものは入りません。

せいぜい、ご祝儀袋・財布・スマホ・カメラ・櫛など身だしなみを整えるもの・ハンカチ・ティッシュ・眼鏡やコンタクトレンズくらいです。普段手荷物が多い方も結婚式の日には厳選した手荷物で出席してください。

 

肩掛けバッグはカジュアルなデザインなので、結婚式の場にはふさわしくありません。持って行くのであれば、クロークに預けましょう。

スポンサードリンク

 

最近では、結婚式の礼服や靴のレンタルサービスが人気です。

礼服からシャツ、ネクタイ、靴、コート(冬)まで一式を借りることができる便利なサービスもありますが、残念ながら男性の場合、バッグは結婚式一式・フォーマル一式の中に含まれないことが多いです。

なので、レンタルサービスを利用するとき、レンタル内容を確かめたうえで、バッグは別にレンタルしてください。

 

バッグレンタルの相場は2日で3000円前後、高級バッグや新商品では5000円~です。ネットでバッグを探すときには、礼服やフォーマル用のレンタルサービスのサイトを見てもよいですが、男性のバッグの数は少ないかもしれません。

フォーマルではなく普通のファッションレンタルのサイトから、結婚式に持って行けそうなバッグを探すのがおすすめです。

 

葬式の時に使うバッグと結婚式のバッグは同じでOK?

 

葬式と結婚式では、同じフォーマルでもマナーが違います。

どちらのマナーにも合っているバッグであれば、葬式と結婚式で同じバッグを使っても大丈夫です。

 

葬式と結婚式のマナーの違いはいくつかありますし、地域によってもマナーは様々ですが、大きな違いはこれ!

葬式では革製バッグを使えないことです。

革=動物=穢れなので、葬式には持っていけないのですね。

 

葬式では布製のバッグを使います。

反対に結婚式に布製のバッグを持って行くことはマナー違反ではありません。

ただ、布製のバッグで結婚式に出る方は少ないのも事実です。

 

革製のクラッチバッグを持った上で、さらにサブバッグとして布製のバッグを持つのは○(女性もこのように二つのバッグを持っている方は多いですよね)。

ただ、手ぶらも多い男性の中でバッグを二つも持っていると目立ちます。

 

他のマナーとしては、葬式のバッグは銀色の留め金具、結婚式のバッグは金色の留め金具という決まりがあり、女性用では、留め金具を回転させたり取り替えたりして、冠婚葬祭いつでも使えるバッグになっているものもありますが、男性用では少ないかもしれません。

興味のある方はネットなどで探してみるか、留め金具のついていないバッグを購入するのがおすすめです。

 

まとめ

 

以上が、男性が結婚式に持って行くバッグマナーについてでした。

結婚式にバッグを持って行くときは、革製黒色のクラッチバッグかセカンドバッグを選びましょう。

バッグを持って行くときも手荷物はできるだけ少なく!クラッチバッグの形が変わるくらい、荷物を詰め込まないでくださいね。

スーツケースなどの大きな荷物はクロークに預けます。

 

葬式のマナーですが、最近では革製のバッグを葬式に持って行く方も増えています。

厳密なマナーを気にしない方は、葬式と結婚式用に黒色のクラッチバッグを一つ買っておくとよいでしょう。

このとき、ピカピカ光沢感のある革や金色の留め金具がついているバッグだと葬式に持って行けないので、光沢感がなく留め金具のついていない・目立たないバッグを選んでください。

スポンサードリンク

コメント