川内川花火大会2016。駐車場、交通規制情報、臨時列車情報

スポンサードリンク

鹿児島県薩摩川内(せんだい)市を流れる川内川は、九州三大河川にも数えられる名流です。
そんな川内川を舞台に行われるのが「川内川花火大会」です。
川も一流なら、花火大会も一流で、規模も内容も九州屈指と評されています。

スポンサードリンク

川内花火大会は2014年で第56回を迎える歴史ある花火大会ですが、
今年は薩摩川内市市制10周年ということで、より一層の盛り上がりが予想されています。

 

今年の日程は2016年8月16日(火)、会場は西開聞町の川内川河川敷です。
打ち上げ場所は開戸橋下流の左岸になります。
時間は19時40分~21時20分です。
荒天時は8月18日(木)に延期される予定となっています。

 

打ち上げ数は約1万3,000発、鹿児島県内で行われる花火大会としては
最大規模を誇っています。
もちろんすごいのは打ち上げ数だけではありません。

 

スターマイン、連射花火、仕掛け花火の同時打ち上げ、
最大8号玉にもなる大きな花火の打ち上げなどがあります。
音楽花火では、音と花火とのコラボレーションを楽しむことができるでしょう。
なんといってもナイアガラは必見です。
大きな川内川を横断する巨大ナイアガラの全長は、1kmにも及びます。

 

有料席はありませんが、観覧席と食事がいっしょになった
「きゃんぱくシート」があります。
1人3,200円で、限定200席と貴重です。
薩摩川内市観光物産協会のきゃんぱく事務局(0996-25-4700)が主催しています。

 

アクセスはJR川内駅から歩いて15分ほどです。
当日は臨時列車の運行もあります。

駐車場は「亀山小学校グラウンド」「川内北中学校グラウンド」「川内小学校グラウンド」
「旧市立体育館跡地」「プラッセ食品館向田店駐車場」「プラッセだいわ大小路食品館駐車場」
「赤玉パチンコ中郷店駐車場」「向田公園」などにありますが、10万人の来場がある
花火大会ですので、混雑は避けられません。

 

会場周辺では広範囲にわたって交通規制が行われます。
通行止めのほか、一方通行などがありますので、注意してください。

 

問い合わせ先は、川内商工会議所(0996-22-2267)です。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました