業務用かき氷機を使うメリットとは

スポンサードリンク

これから暑いシーズンに向けて冷たいものがおいしくなってきます。
暑い夏に美味しいものと言えばやはりかき氷です。
かき氷と言えば縁日や盆踊りなどが定番でしたが、最近では技術の進歩により一般の家庭でも美味しいかき氷が作れる機械が普及してきました。

ただ、いくら技術が進歩してもかき氷屋さんで食べるものにはかないません。
一体、何が違うのでしょうか、やはり一番は氷の違いです。

スポンサードリンク

所謂かき氷屋さんの氷は業務用の専門業者が作る氷で水、冷やし方保存方法が違います。
同じ氷でも天然水で作られたものと水道水とでは氷そのものの味が違うからです。
業務用の氷は時間をかけて低い温度で作られます。

時間をかけて氷を作るため溶けにくく固いため、回転しながら削る氷としては最適です。
次に専門店ではガラスの器で金属スプーンを使います。

これにより、より冷たく美味しい状態で口の中に入れることが出来ます。
最後に専門店のかき氷がおいしい最大の理由は使用するかき氷機にあると思います。

もちろんこちらは業務用なのですが、専門店の機械は氷を鰹節のように薄く滑らかに削ることが出来るため、
ふわふわでいて、溶けにくいかき氷を作ることが出来ます。

回転する皿と針、押し出し機がポイントとなります。
業務用のかき氷機はかき氷の質を高めてくれるだけでなく、大量に作ることが出来るのもメリットです。
縁日や盆踊りだけでなく、最近では夏の海水浴でごった返す海の家でも人気です。
ではかき氷機の気になるお値段はどれくらいなのでしょうか。

機械の大きさ、性能により分かれますが、高いものでは10万円以上します。
そのため、現在ではレンタルでのかき氷機が人気です。

つまり夏場の需要が高まるイベント時にのみ借りて商売をする、そしてシーズンが終われば返すというやり方です。
こうすれば一日数百円単位で借りることが出来ます。あまりよく知られていませんが、
かき氷屋さんは儲かると言われています。

良質の氷を手に入れる、もしくは自分で作り出すことが出来、
このようにレンタルで安く機械を手に入れることが出来れば結構割の良い商売が出来るかも知れません。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました