スポンサードリンク

この記事の所要時間: 540

敬老の日の贈り物といえば、何を思い浮かべますか?

悩んでしまわれるかもしれませんが、花ならば贈られて嬉しいと思われる方が多いのではないでしょうか。

敬老の日に贈ろうと思った時に、最適な花は何でしょうか。

 

あなたが伝えたい思いもしっかり伝えられるように、見栄えだけでなく花言葉についても考えてみます。

スポンサードリンク

 

トルコキキョウを敬老の日のプレゼントにする

 

 

初めにご紹介するのはトルコキキョウです。

トルコキキョウには「あなたを思う」、「思いやり」、「良い語らい」などといった言葉があります。

敬老の日には感謝と、あなたを思っているという気持ちを伝えたいものです。

いつもお世話してもらっている方への感謝や、遠くに住んでいてなかなか会えないけれど心にはあなたがずっといるという思いをトルコキキョウにのせて贈ると良いです。

また「良い語らい」という言葉の通り、今の話だけでなく自分の子供の頃の話や楽しみな将来の話などもお互いにしてみてはいかがですか。

そんなことがあったのね、こんなこともあったのよと今だからこそ話せることがあるかもしれません。

実際に会って話さなくても、電話でも手紙でも構いません。

そのような会話の後にトルコキキョウを見れば、フリルの寄せ集めのような姿に心が癒やされ、あなたとの時間をより穏やかに思い返してもらえることでしょう。

よりすっきりとした姿のキキョウも、敬老の日の贈り物として適しています。

言葉は「誠実」、「永遠の愛」です。

美しい紫色がご年配の方の気品を引き立てます。涼やかな美しさ、決して出しゃばることのない奥ゆかしさは、落ち着いた時間を過ごす手助けをします。

 

ガーベラ:華やかな印象を持つ相手に適した花

 

 

 

華やかな印象の方に贈るなら、ガーベラがおすすめです。

力強いながらも可憐な印象のガーベラは、贈られた方を笑顔にするパワーに溢れています。

ガーベラは元気いっぱい、鮮やかなカラフルさが特徴です。相手の好きな色を知っているなら、それに合わせて贈ることもできます。

言葉は「希望」「常に前進」ということですから、どんなに年齢を重ねても若々しくいてほしいという気持ちが伝えられるはずです。

また、ご本人が「いつまでも現役でいたい」ということなら、これ以上にぴったりのものはありません。

「進む先にはいつも希望がある」という素敵なイメージを持って、過ごしてもらえます。

 

定番のバラを敬老の日にプレゼントしてみる

 

 

忘れてはいけないのがバラです。

一度はバラを贈られてみたいと思う方が多いのではありませんか。

ロマンチックなイメージが強いバラですが、贈られていやな気持ちになる人は少ないことでしょう。

バラは上品でありながらとても華やかで優美ですから、ただ飾っているだけでいつもの生活を特別なものと感じてもらえるはずです。

言葉は「愛」、「美」ということで潔いまでに簡潔ですが、メッセージの核心をついていて伝えたいことをはっきりと伝えられます。

 

リンドウ:敬老の日シーズンに手に入れやすい花

 

 

そしてやはりリンドウも候補に入れるべきです。

旬が9月ですので、敬老の日にもっとも美しく咲いてくれます。

言葉は「正義」、「誠実」、「愛情」ということですから、長い間しっかりと勤め上げた方や芯のしっかりした方に贈るのに相応しいです。

 

紫のリンドウが一般的ですが、白いリンドウもあります。

この白いリンドウは「白寿」と呼ばれており、白寿のお祝い(99歳)と重なるため、ちょうどそのような年齢の方に贈ったならとても喜んで頂けることでしょう。

 

コスモス:優しさが溢れる方に適した花

 

 

ほんわかした方に贈るなら、コスモスがおすすめです。

言葉は「調和」、「愛や人生がもたらす喜び」ということから、優しい方の雰囲気にぴったり合います。

「愛や人生がもたらす喜び」とは一体どのようなものであると感じますか。

普段は話さないことを、人生の先輩である方に伺ってみるのも楽しいかもしれません。

これから先も幸せに暮らしてほしいという思いが伝わるのではないかと思います。

 

スポンサードリンク

ゼラニウム

 

 

あなたが尊敬している相手に贈るなら、ゼラニウムが適しています。

ゼラニウムの言葉は「尊敬」、「信頼」ですから気持ちをそのまま伝えることができます。友情に関する意味合いもあるので、たとえば趣味の場で出会って親しくしている年齢の離れた方に贈るのに最適です。

赤い小ぶりな花が集まって咲き、葉に模様のあるゼラニウムは個性的でありつつ、しっかりとした印象を与えます。

 

サルビア

 

 

同じく尊敬の気持ちを伝えるならば、サルビアも良いでしょう。

紫色のサルビアには「尊敬」という言葉があります。

よく見かける赤いサルビアの言葉は「良き家庭」、「家族愛」ということなので、どちらの色でも相応しいです。

もちろん家族の仲が良い方におすすめですが、少しすれ違いを感じている場合も「元の仲良し家族に戻ろう」という気持ちで贈ると、サルビアが仲直りのきっかけを作ってくれるかもしれません。

 

まとめ

 

あなたの贈りたい相手に相応しい花は見つかったでしょうか。

贈られた方はきっと贈り物をしてくれたあなたの気持ちに対して最も嬉しく感じて下さると思います。

敬老の日に最適な花というテーマで、トルコキキョウ、キキョウ、ガーベラ、バラ、リンドウ、コスモス、ゼラニウム、サルビアをご紹介させて頂きました。

スポンサードリンク