Warning: Use of undefined constant filter_estimated - assumed 'filter_estimated' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/t18xw/bii483.com/public_html/wp-content/plugins/estimated/estimated.php on line 34

Warning: Use of undefined constant filter_estimated - assumed 'filter_estimated' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/t18xw/bii483.com/public_html/wp-content/plugins/estimated/estimated.php on line 35

Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/t18xw/bii483.com/public_html/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 45

Warning: Use of undefined constant REQUEST_URI - assumed 'REQUEST_URI' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/t18xw/bii483.com/public_html/wp-content/themes/cocoon-master/functions.php on line 73
結婚式のご祝儀袋、選び方・書き方・包み方の注意点! - ブンブーンのお役立ちメモ

結婚式のご祝儀袋、選び方・書き方・包み方の注意点!

スポンサードリンク

この記事の所要時間: 459

結婚式に参加する場合には、ご祝儀をもっていかなければなりませんがどれぐらいの金額を積んだらいいのか迷うところです。

昔は、物価もそれほど高くなかったことから1万円包んで行けば十分とされていました。

 

この記事では結婚式におけるマナーを理解して頂くことを目的とし、祝儀袋の選び方、書き方、包み方を掘り下げて解説をしていきます。

せっかく楽しい結婚式で恥をかいてしまわないように、知識を一緒に学んでいきましょう。

 

現代の祝儀相場事情

 

ところが最近のご祝儀袋には30000円部も積むのが普通になっています。

親せきや兄弟の場合には50000円から10万円ぐらい積むのが普通になっています。

そのため、親せきが続いて結婚式をすると破産してしまうと冗談で述べる人もいうぐらいです。

 

祝儀袋の選び方

 

では、ご祝儀袋を選ぶ場合にはいないどのようなものを選んだらいいか知っておきましょう。

まず基本的には、ご祝儀袋にはいくつか種類がありますが基本的に蝶結びと呼ばれるものを選ぶ必要があります。

これは、結んであるひもの先端が上を向いているものになります。

ただ、金額によってはひもの模様が描かれているものとひもが本当についているものに分けなければなりません。

もし、30000円ぐらいのものならばひもの絵が描かれたもので十分になりますが50000円以上のものならば、ひもが付いているものを選ぶ必要があるといえます。

 

祝儀袋に何を書けばいいか?

 

書き方が問題になりますが基本的に最近は印刷されているものが多いですので寿の文字は特に書く必要はないでしょう。

中には、寿の文字すら入っていないものがありますので、その場合には金をと銀色の帯が結んであるちょうど真ん中らへんのところに寿と書いておく必要があります。

大きさは自分の名前より少し大きいぐらいですが、先に寿とかくならば、自分の名前をその文字よりも一回り小さくする必要があります。

 

祝儀袋の書き方:出席するのが自分一人の時

 

自分一人だけに出席する場合には、結び目の下のところにフルネームで自分の名前を書きましょう。

間違えて、相手の名前を書いてしまうと恥をかいてしまうことになります。

そもそも、だれからご祝儀が手渡されたのか分からなくなりますので、名前はしっかり書いておく必要があります。

 

もっとも、受付の下に何か言われると思いますのでその時は訂正をしておく必要があります。

もし何も言われなかったとすれば、最悪の場合でも一人一人の名前とご祝儀袋を一致させていけば最後に残った人がその人になりますので、恥はかくかもしれませんが、ご祝儀袋にお金を入れたことを認識されるにちがいなりません。

 

夫婦で出席する時の祝儀袋の書き方

 

では、夫婦二人で出席する場合にはどのようにしたらよいかといえば、基本的に連名にします。

ちょうど右と左に名前を書いていくわけですが寿のちょうど下のところにやや小さい文字で夫の名前を右側妻の名前を左側に書くようにしましょう。

 

3人の場合の時には、代表者一面の名前を書いてもよいですか横に三つ並べる形で名前を書いていくのが普通になります。

 

4人以上の場合には4名の名前を書くことは難しくなりますので、代表の名前をしたり書いて、その横に「外一同」と書いておけば理解することができるはずです。

あるいは、家族の場合ならばご主人の名前を書いておけば特に問題ないでしょう。

 

主催者側からすれば、だれが出席したかはよくわかっていますので、この人は結婚式に招待しても来てくれなかったなどと後になって言われることはまずないです。

 

中袋の使い方、書き方

 

ご祝儀袋には、中に白い袋が入っているのを知っている人がいるはずです。

表側の袋の下の方に、四角い枠がありそこに金額を入れるようになっています。金額は、漢数字で書くのが基本になりますので、3万円のお金を包んでいる場合には「金参万円」と書くようにしましょう。

あとで、計算する時などに便利になると同時に中身の入れ違いなどがなくなるためしっかりと金額を書いておくことが重要になります。

 

白い袋の裏側には、自分の住所と名前を書くところがありますのでそこに名前を書いておく必要があります。

郵便番号と都道府県もしっかりと書いておきましょう。

 

祝儀袋に入れるお札の向き

 

お札の入れ方は、どちら側を下にしたらよいのかあるいは表をどちらにしたらよいのか迷うところですが、基本的に福沢諭吉の顔が描かれている方を表側にします。

つまり、金額を描いた側に肖像画が来るようにしておく必要があります。

しかも、肖像画がえがかれている方を上側にする必要があります。

 

祝儀袋に入れるお札は新札を用意しましょう

 

お札ですが、折り目のついたものを用意せず新札を用意するようにしましょう。

折り目が付いていないきれいな応札があれば構いませんが、もし手元にない場合には銀行に行き新札を欲しい旨を伝えれば両替してくれるでしょう。

 

診察を用意する際はある程度早い段階で準備をしておきましょう。

結婚式が開催されるのは土曜日か日曜日がほとんどですので、当日になり焦って銀行に行っても受け付けが開いていない可能性が高いからです。

 

白い紙を折り曲げるときは、上側が下に着て下側が上にくるようにする必要があります。

 

まとめ

 

以上が祝儀袋の書き方とマナーになります。

ルールを守って楽しい結婚式を迎えられるように準備しておきましょう。

スポンサードリンク

コメント