スポンサードリンク

この記事の所要時間: 435

結婚式に招待されたら一番初めに顔を合わせるのは受付係で、まさに当日の両家の顔と言っていい大切な仕事です。

 

ゲストからご祝儀やプレゼントなどを受け取る時には、新郎と新婦の両家を代表する立場で挨拶するなど様々なマナーが必要になってきます。

またどんな服装でやるのが相応しいかや、頂いた物を受け取る時の注意点などを紹介します。

 

まず結婚式の受付の仕事や役目がどんな事かを簡単に言うと親族側の立場から来客に挨拶する事と、式の出席者の名簿への記帳とご祝儀やプレゼントを受け付けてそれらを管理する事や、式の出席者に席次表や席札を渡して会場や座席まで案内する事などが主な仕事です。

それらの仕事の中で特に重要な事は、金銭や贈り物などを扱うため出席者に対して失礼にならないような態度と言葉遣いが必要になります。

 

また晴れのイベントに相応しいフォーマルな服装と清潔感のある髪形を心掛ける必要があり、出来うる限り両家の代表として好印象を与えるために爽やかで明るい対応が求められます。

上記の仕事以外は特に決まった役目がないので、当日は個々の役割を果たしながら新郎新婦とも連絡を取ってその指示を受けつつ、その地域の習慣を聞きながら合わせていく柔軟さも必要になります。

好ましい服装は清潔感のあるフォーマルな服装が好ましいですが、晴れのイベントなのである程度の明るさも重要になるので地味になりすぎないように気をつける事も大切です。

 

男性の場合は派手過ぎず地味すぎないフォーマルウエアに祝いの場に相応しいネクタイを付けたり、女性の場合はパールのアクセサリーを基本とした華やかな服装が望ましいです。

また頻繁にお辞儀をするので髪がおでこにかからないヘアスタイルのアップヘアやハーフアップヘアが適しています。

ショートヘアの場合は髪がばらつかないようにピンでとめてセットする事も大切です。

 

当日は新郎新婦や会場スタッフも式の運営で忙しいので、連絡を取ろうとしても上手くできない可能性があります。

ですから、当日までに受付係の仕事の集合時間や、開始時間や、ご祝儀のやプレゼントなどの保管場所を考えておくこと。

また、それらをお渡しする相手の親族や、お車代などを渡す出席者のリストや親族並みのVIP待遇の出席者がいるかや、遅刻者への対応などを予め決めておく必要があります。

 

それ以外にも公共交通機関などの予測不能な事故や遅延があった時の対応などを決めて置いたり、会場施設内のトイレや休憩室や待合スペースの確認なども余裕があればやっておいた方が安心です。

また、受付係は交代のために複数人いる事が多いので、挨拶をしてお互いの顔を覚えたり役割分担を話し合っておく事も重要です。

 

事前に参加者にはどのような事を伝えておくといいでしょうか?

 

まずは自分たちの式のルールについての周知です。

 

ご祝儀やプレゼントなどの祝いの品を両家別々に預かる、預からない(共同)。

誰が出席者の記帳を促すかやお車代を渡すか?

特別な出席者やイレギュラーな対応が必要な出席者などの確認。

配布物の渡す担当や控室への案内などの担当確認と言った事です。

 

また根本的な事ですが、結婚式前と披露宴前の2通りがあるので、特に集合時間がいずれかも事前に確認しておいた方がいいです。

 

結婚式の受付係の仕事でもっとも重要な仕事はご祝儀などの金銭やプレゼントの受け取りと言っても過言ではないです。

なぜなら出席者が多いので多額の金銭が集まる場所なので、親族に成りすましたご祝儀泥棒などのリスクも高く、緊張感をもって役割を果たす責任があります。

 

ご祝儀などを受け取る時には、渡されたご祝儀が誰が持ってきたものかが書かれている事を確認して、書かれていない場合には袋の裏に名前を書いて、一人ずつお盆など誰からも見やすい容器にに入れて、ある程度たまってから金庫に保管します。

何故かと言うとお盆が空だとご祝儀が積まれていくおめでたい雰囲気が壊れるからで、ご祝儀泥棒対策で複数人でお盆を監視する必要があります。

 

注意しなければならないのが、絶対に持ち場を離れてはいけない事で、もしもトイレなどで持ち場を離れなければならないときには、必ず他の人に引き継いでから持ち場を離れる事が必須です。

 

他にもご祝儀やプレゼントを預かる担当の場合には、それらを入れた金庫の鍵を最終的に事前に決めていた相手以外には渡さない事が重要です。

渡す予定だった相手がトイレなどに行って見つからないという時でも、絶対に別の親族や式場のスタッフのバッチを付けた会場スタッフに手渡ししてはダメです。

親族であってもネコババしたり、式場にはスタッフと見分けがつかないご祝儀泥棒がいる可能性があるからです。

 

また会場の金庫に預ける段取りをした場合であっても、複数人の担当スタッフにも同行してもらって一緒に金庫まで出向いてから、鍵を渡す予定の人に渡す瞬間も確認してもらった方が安全です。

何故ならもしもそのカギを預かった人が預かった事を忘れてどこかで鍵を無くしてしまった場合には、鍵を渡してない事にされて責任を取らされたり、もしくは鍵を受け取った人が悪人でネコババして持って行って責任を被せられる可能性があるからです。

スポンサードリンク